yutorieの庭②

yutorie2.exblog.jp
ブログトップ

タグ:SIGMA18-300 ( 12 ) タグの人気記事


2018年 11月 27日

有馬温泉

日本三古泉(道後、白浜、有馬)に数えられてる有馬温泉の歴史は古く神代の昔、大巳貴命(おおなむちのみこと)と少彦名命(すくなひこのみこと)の二神が三峡有馬の里に温泉を発見したのが始まりといわれています。
a0251508_11245120.jpg
繫栄をもたらしたのは太閤秀吉。湯治のためにたびたび訪れ、千利休らとともに盛大な茶会を催しました
a0251508_11252871.jpg
太閤橋からの眺め。
a0251508_11284191.jpg
てっぽう水と炭酸せんべいを買いました。
a0251508_11273602.jpg
a0251508_11310243.jpg
丹波の大きな焼き栗もおいしかった。若い美人さんが焼いています。
a0251508_11241258.jpg
紅葉の盛りのときでした。
a0251508_11251315.jpg
a0251508_11260152.jpg
車道ですがかなりの坂を上り瑞宝寺公園へ。
a0251508_11280880.jpg
a0251508_11271491.jpg
a0251508_11243901.jpg
a0251508_11265870.jpg
「撮影特訓」と言う名の撮影会。若い女性が多く、カメラは大げさなものでなく殆どがミラーレス。リーダーのほか2名のサブリーダーがいて丁寧親切なアドバイスを受けました。何より驚いたのは皆さんの発見力の見事なこと、表現力の柔軟なこと。撮影会を楽しんでることでした。参加者全員がラインでグループを作り、10点ずつアルバムに。へ~~ こんなやり方もあるのかと、面白くとてもいい経験になりました。気持ちのいい撮影会。もちろんyutorieはへこたれそうなダントツ齢(笑)。

[PR]

by yutorie2 | 2018-11-27 12:55 | 神戸 | Comments(0)
2018年 09月 15日

大阪は熱い!

サッカーはガンバ・・・
a0251508_12562812.jpg


アベノと言えば・・・ハルカス。

a0251508_13232963.jpg
a0251508_13234937.jpg


a0251508_13263835.jpg


a0251508_14143970.jpg


a0251508_14285047.jpg

赤い服に着替えて、アルコール検査もして、命綱をつけて・・・
a0251508_13242415.jpg

地上300メートル!飛び降りるわけではないけど。
いざ・・・できるかなあ・・・
a0251508_13241585.jpg



天王寺と言えば・・・憩いの場。
a0251508_140844.jpg

会社帰りのおじさんたちの・・・
a0251508_1402137.jpg

マナーを守りましょう。
a0251508_13253980.jpg


帰れなくなっても大丈夫。
a0251508_13255169.jpg



大坂は熱い!たのしい!!
a0251508_14441785.jpg

[PR]

by yutorie2 | 2018-09-15 14:47 | 大阪 | Comments(0)
2018年 08月 28日

加西市羅漢寺

五百羅漢
「おや(親)が見たけりゃ北条の西の五百羅漢の堂に御座れ」
表情豊かで素朴な野の仏の中に必ずや思い当てる人に出会うと言う。

江戸初期に近くの寺の再興に伴い、信仰や供養のため作られたと考えられている。
高室石、凝灰岩で造られている。
永い風霜にさらされた459体の石仏は色は錆び、姿は風化している。
野趣豊かな野仏たちは昔日を、黙して何も語ろうとはしません。



a0251508_20251497.jpg
a0251508_20252593.jpg
a0251508_2025329.jpg
a0251508_2025412.jpg
a0251508_20255216.jpg
a0251508_2026235.jpg
a0251508_2026965.jpg

a0251508_20541423.jpg


笑うがごとく、泣くがごとく・・・
[PR]

by yutorie2 | 2018-08-28 20:56 | 神戸 | Comments(2)
2018年 08月 24日

竹中大工道具館

新神戸駅の近くに『竹中大工道具館』はあります。
ものづくりの原点は道具にあり。
日本で唯一の大工道具の博物館です。
日本人ならではの美意識、心遣いが秘められた道具職人、名工の輝く作品が保存されています。
その昔は刀鍛冶だったが廃刀令が施行され道具鍛冶になっていった方も多いようです。
a0251508_18302133.jpg


三代目善作
大入鑿(のみ)
鑿鍛冶の名工・善作は大阪で三代続いた名門。
2代目が生み出した木目鍛えの鑿の技を受け継ぐも
昭和30年ごろを最後に行方が分からなくなってしまう。
注文のため大工たちが探し回ったが見つからず
いつしか「行方知れずの名工」と呼ばれる謎めいた存在となった。
a0251508_22162881.jpg

a0251508_16224437.jpg

a0251508_16192746.jpg


二代目善作
突鑿(つきのみ) 「珥加里野村」(にっかりのむら)
a0251508_1624367.jpg

a0251508_16235293.jpg



宮野鉄之助 
両刃鋸「秋の志らべ」
名刀に迫る、優美な立ち姿
a0251508_16194574.jpg

鋸鍛冶の最高峰として知られる宮野鉄之助
玉鋼(たまがね)による鋸の製作にこだわり続けた名工。
a0251508_16195659.jpg




千代鶴是秀
鉋刃 「神雲夢」(しんうんむ)
昭和27年6月、是秀は大工棟梁・野村貞夫へと「神雲夢」を手渡した。
耳おろし研磨不要の実験的試みは、野村棟梁たっての要望で生み出されたものである。
だが、鉄を自在に操るそのあまりにもの出来栄えゆえに、野村は一度もこの鉋を使うことは無かった。
a0251508_1633528.jpg

a0251508_1631681.jpg



千代鶴是秀
両口玄能 『山彦」
a0251508_16242114.jpg


a0251508_16243377.jpg


これも素晴らしい。
大鉋削り
a0251508_18291251.jpg

巨大だからこそ、刃づくり、台うち。とぎ、削り、そのすべてが限界に達する。
己の技を極限まで高めたいと欲する職人の夢とロマンがそこにある。


撮影可なので何回も通っています。
木工室あり茶室あり、木を生かした伝統の知恵、ハンズオン展示は子供たちにも魅力的です。

説明記事は殆ど展示を参考にさせていただきました。
a0251508_10541761.jpg

[PR]

by yutorie2 | 2018-08-24 19:09 | 神戸 | Comments(2)
2018年 08月 14日

海王丸Ⅱ 出航日

海王丸Ⅱは6日間の停泊の後新潟に向けて出航しました。


エンジンテストOK(デーゼルエンジン2基・3000PS)
まずは動力で出航。

a0251508_22425528.jpg

a0251508_22452174.jpg


神戸市消防隊
本番前の練習風景

a0251508_22124860.jpg

ゆるキャラは神戸消防局の「ピーポー」ちゃん

実習生は7月1日に東京で乗船後、神戸・新潟・小樽・釧路・青森・函館・舞鶴・ウラジオストックを経て、9月19日、横浜帰港までの約3ケ月間、国内沿岸及びロシア寄港の航海訓練を行う予定。
a0251508_22473398.jpg

船長挨拶・・・ちょっと熱くなりました。
来春この実習生たちがそれぞれプロとしてスタートします。
またこの神戸を訪れる日があるでしょう。そのときは暖かく迎えてやってください。


皆さんの横顔。マリンメイトもお見送り。
a0251508_2236060.jpg


上段の6人は、7月16日~20日の間、市内公立高校で、将来、海・船・みなとの仕事を目指す方等を対象に、『「海王丸」体験航海』実施に応募して選ばれた若者たち。
a0251508_2250461.jpg


神戸市消防音楽隊による歓送演奏。
a0251508_22525471.jpg


だんだん盛り上がってきて「YMCA」演奏は振りが見事。受けました。
a0251508_120251.jpg


「ごきげんよ~う」
a0251508_1214285.jpg


消防艇による歓送放水。
a0251508_1265733.jpg


神戸市港務艇による第1関門までの見送。
外洋に出てから帆走です。
a0251508_1212048.jpg


かもめも・・・
a0251508_12125721.jpg


やがて静かな港に。
a0251508_12371134.jpg

[PR]

by yutorie2 | 2018-08-14 13:20 | 神戸 | Comments(0)
2018年 08月 06日

海王丸停泊中

海王丸Ⅱ 7月14日
今日こそは三脚で夕焼け波止場をしっかり撮ろう・・・とがんばって出かけました。

海岸に着く前、阪神高速が逆光で光ってた。
きれいだけど雲が無さすぎ。

a0251508_23295725.jpg


税関船舶事務所の脇の港内ではパトロール船が停泊しています。
フェンスのこのマーク税関の関に見えましたが・・・

a0251508_166274.jpg



a0251508_2330998.jpg

a0251508_23302020.jpg


南西に歩いて。
a0251508_23342112.jpg

突堤に着くがまだ明るい。
a0251508_2329822.jpg

船尾の向こうは「メリケンパーク」

a0251508_23305261.jpg

7時21分夕日は落ちたが昨日のような雲は無く赤く染まらない。

a0251508_2331525.jpg

せっかくの三脚も発揮できず。
今日はこれまで。
[PR]

by yutorie2 | 2018-08-06 16:53 | 神戸 | Comments(0)
2018年 08月 03日

海王丸停泊

海王丸・ライトアップ

夕焼け前
船首の支柱・バウスプリットについてる像は
海王丸は「紺青」と名のつく女神像。
因みに姉妹船 日本丸 の船首像は「藍青」です。
どちらも工芸家「西 大由氏」の作品。初代海王丸に取り付けられていたものを、移設した。

a0251508_23235789.jpg


8時を過ぎてやっと雲が赤く染まる夕焼けになりました。
こんなにきれいに焼けた空を見るのはは久しぶりです。
a0251508_2324407.jpg


帰りがけ、振り返ると船の形にライトアップがひときわ目立ちました。
a0251508_23245182.jpg


三脚を持参するべきでした。(ピンが甘い!)
[PR]

by yutorie2 | 2018-08-03 00:01 | 神戸 | Comments(0)
2018年 07月 26日

海王丸寄航

大型練習帆船「海王丸二世」
「海の貴婦人」の異名を持つ純白(帆を張ればですが・・・)の海王丸が神戸港に停泊しました。

7月11日午前
新港第一突堤は絶好の入港日和。
a0251508_229943.jpg

a0251508_21345520.jpg




知り合った男性が見えてきたよ と教えてくださってからしばらくして見つけることができました。
西に向かって進み港内に入る前に大きく旋回してから突堤に入ってきます。
a0251508_2224592.jpg



タグボートがぴたりと横につき案内しています。
神戸消防局の消防艇が歓迎の放水。
a0251508_22251141.jpg




碇を降ろす前のひと時、実習生たちは神戸の街を双眼鏡で見ています。笑顔も見えます。
a0251508_2228890.jpg


北向きに入ってきた船首をタグボートに先導されて出航していく方向(海側)に向わせるため
第一突堤と中突堤の中で巧みにぐるりと旋回。
タグボートとパイロットの技ですね。
a0251508_22283339.jpg


2台のタグボートに押してもらってようやく接岸。
a0251508_22285119.jpg


錨を下ろすときは実習生たちの緊張のとき。
a0251508_22292139.jpg


無事接岸。ここからは港湾作業員の出番です。
a0251508_22293822.jpg



海上において船舶間での通信に利用される世界共通の旗である国際信号旗でお出向かい。
a0251508_2231051.jpg


準備完了。船長の確認。
a0251508_2230111.jpg


入港セレモニー
乗組員52名が乗船し、海上技術学校及び宮古海上技術短期大学校の実習生115名(内女子3名)が乗船している。

a0251508_22313372.jpg



熊田公信船長
a0251508_22554911.jpg



歓迎・マリンメイトから実習生にも。
a0251508_22314921.jpg





2,556総トン、全長110.09メートル。1989年9月、住友重機械工業浦賀工場で竣工。
a0251508_22512719.jpg




夜、イルミネーションの点灯も見に来ます。
a0251508_2333987.jpg

[PR]

by yutorie2 | 2018-07-26 15:41 | 神戸 | Comments(4)
2018年 07月 17日

夕空

月と金星

ごみ捨てに外に出たら夕焼け空に月と星が美しい。
カメラを取りに戻ったら夕焼けが少し終わってた。

a0251508_0123969.jpg

28日の未明から明け方には欠けた月と火星が並ぶ光景が見られるらしい。



それにしても今日も暑かった。
皆さんは如何でしたか。
ご自愛ください。
[PR]

by yutorie2 | 2018-07-17 00:30 | 神戸 | Comments(0)
2018年 07月 09日

コンビナート

四日市に行く機会があったので興味のあった工場夜景を
甥に案内してもらって撮ってきました。

a0251508_23171046.jpg

薄暮からとり始めました。
a0251508_23172128.jpg


a0251508_23221552.jpg


a0251508_23304029.jpg


a0251508_23331416.jpg


a0251508_23362028.jpg


a0251508_23471628.jpg


a0251508_23472662.jpg


a0251508_23474094.jpg




この日は波があって濁ってたので光の映り込みが弱かったです。


感動した割には工夫が足りません。
何回も行きたいところです。
[PR]

by yutorie2 | 2018-07-09 00:02 | 夜景 | Comments(4)