yutorieの庭②

yutorie2.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2018年 12月 18日

柳生街道(滝坂の道)

J R奈良駅からバスで35分、奈良市忍辱山(にんにくせん)町のバス停下車
植物観察の会ですからいろいろプリントを見ながら先生の講義を聞きます

スタートの「忍辱山円成寺」は
真言宗御室派の仏教寺院。山号は忍辱山(にんにくせん)、本尊は阿弥陀如来。
「北大和五山」と呼ばれる五つの寺 の一つで平安時代に創建されたと考えられています
室町時代応仁の乱の兵火で大半が焼失したが再興江戸時代寺中に小寺23か寺を有したが
明治の廃仏崎毀釈で衰退

a0251508_20285607.jpg


山号の忍辱山(にんにくせん)とは  
(大蒜ではありません)
インドの聖地に見立てた仏教由来の地名
奈良は平安時代にはすでに山岳仏教の道場となっていた
菩薩の修行すべき六つの徳目をあらわす菩薩行六波羅蜜(布施・持戒・忍辱・精進・禅定・般若)のひとつで、
いかなる身心の苦悩をも耐え忍ぶというということを意味しています

a0251508_20460637.jpg



浄土式庭園。
生きたまま極楽浄土に行けるところである
人々は日の沈む西片に阿弥陀如来の極楽浄土、
日が昇る東方に薬師如来の浄瑠璃の世界があると信じるようになった  
これが浄土教の基本理念である
太陽は西に沈み、また新しく東から昇る
一旦没したものが確実に新しく生まれ変わってくる西方にこそ素晴らしい未来のいり口がある 
その世界での再生を念じて往くそれが極楽浄土である
「なむあみだぶつ」と唱えるだけで極楽へいけるというのが浄土信仰である

a0251508_20305651.jpg



ゆっくり写真撮ってる暇はありません

a0251508_20501617.jpg



千両が真っ赤でした

a0251508_20510359.jpg



バス道から山道に入ったとたん上り坂

a0251508_20513110.jpg



やがて峠の茶屋へ
武芸者が飲み代のカタにしたという古めかしい鉄砲や槍が鴨居にかけられています

a0251508_20522690.jpg

石畳と石仏の道になる

a0251508_20525649.jpg
a0251508_20554932.jpg
a0251508_20583842.jpg



春日山原生林
信仰の木で「臣の木」と呼ばれていたのが「モミ」になった
たくさんの実生がある
秋に種子は風散布され翌5~6月発芽
実生は陰樹(先生の説では・・・とも限らないとか)10年で陽樹に生長200年かけてモミの森林になる



a0251508_20541835.jpg
a0251508_20542857.jpg
a0251508_20552302.jpg
a0251508_20561911.jpg

a0251508_20591035.jpg


朝日観音
川向に立つ魔崖仏朝日に映えるのでこの名前がついた



a0251508_21000671.jpg


夕日観音
山の急斜面に立ち、夕日を受けると神々しさがます石仏

a0251508_21052048.jpg
12キロ歩いてやっと春日大社に着きました
家に着いたら歩数計は2万5千歩、15キロの表示でした
すごい!!・・・でしょ
a0251508_21071281.jpg
a0251508_21062002.jpg
a0251508_21063691.jpg


観光客と鹿のすごいこと。
ちょっと写真を撮ってたら迷子になりました。
自分の居場所を言えなくて
でも何とか皆さんと合流できた ほっ!
前回の青木が原樹海といい今回の柳生街道といい私の足腰はもう限界だと分かりました


これがいわゆる滝坂道とも呼ばれる道 「旧柳生街道」
 柳生の荘は「柳生石舟斎」が開いた柳生新陰流の剣豪の里だ。
徳川将軍家の兵法指南役として柳生藩1万石の大名になった息子の「宗矩」や「柳生十兵衛」、
あだ討ちの「荒木又右衛門」など名だたる剣豪を輩出した山里として全国的にも知られたところ。
 若き「宮本武蔵」も剣の修行のためこの里を訪れ柳生道場で指南を受けている。 
彼ら幾多の剣豪が行き来した苔むした旧柳生街道を、江戸時代の剣豪に思いを馳せ、植物観察をしながら歩いた
歩くのは楽しいけど膝が痛くなりました。
こんな行程はもう今回が最後でしょう
もう歩けない



[PR]

by yutorie2 | 2018-12-18 22:07 | 植物観察会 | Comments(0)
2018年 12月 13日

青木が原樹海

今回訪れた青木が原樹海は迷ったら出られない大室山方面でなく
「西湖青木が原」で観光化された溶岩台地です
まずは前日
三湖(本栖湖、精進湖、西湖)が見えるところまでハイキング
a0251508_22423239.jpg
a0251508_12180619.jpg
なぜ樹海と呼ばれるの?
風が吹くと海原が大きくうねる波のように見えることから樹海と名づけられた
a0251508_22162948.jpg
翌朝は食事前にススキの穂でフクロウ作り
a0251508_22430833.jpg
a0251508_12274534.jpg
いよいよリーダーの先生とネイチャーガイドさんに案内され出発です
a0251508_12551338.jpg

平安時代(864年)長尾山の噴火ですべてを焼きつくした溶岩流が長い年月をかけて冷え固まり風化して
植物遷移により多様な動植物が住む森になった
a0251508_13252688.jpg
腐葉土が出来ないので倒木や苔の上で発芽する木が多い
a0251508_13251719.jpg
a0251508_13225791.jpg
a0251508_12372804.jpg
水分養分の少ない土壌の環境なので上手く根を張れず垂直に伸ないで、ゆがんだ育ち方をする
a0251508_22172227.jpg
大小の洞窟、風穴、氷穴がたくさん出来ている
溶岩の下に根は出ていません
溶岩に磁石を当てると狂ってしまうが胸元で測ると正常でした。
a0251508_22364563.jpg
この洞窟には・・・

日本神話に登場する女神コノハナノサクヤヒメ(木花之佐久夜毘売)が祭られています
富士山の守り神
a0251508_13201746.jpg
私は足元が怖くて洞窟までいけませんでした
a0251508_13273653.jpg
標高1000メートルぐらい
原生林の中は雨もあまり当たらずそれほど寒くも無く
いろいろ勉強しながらいい経験が出来ました
樹海の中にも紅葉がありました

感想
一人では行きたくありません


[PR]

by yutorie2 | 2018-12-13 13:50 | 植物観察会 | Comments(2)
2018年 12月 06日

Night Market

神戸元町旧居留地で開催されたナイトマーケット
a0251508_22093346.jpg
暗くならないとお酒の販売は始まりません
a0251508_22123596.jpg
それぞれ忙しく準備中

洋酒は絵になりますね
明石ウイスキーは神戸に来て出会いました美味しいです。

a0251508_22133049.jpg
飲まないけどお酒の店が多くてうれしい
見ていて楽しいです
a0251508_22142120.jpg
本場灘の酒どころですから熱燗も
a0251508_22140370.jpg

a0251508_22145847.jpg
a0251508_22152966.jpg
a0251508_22155946.jpg
a0251508_22162358.jpg



西区から来ました 八百屋mocchi

a0251508_22075368.jpg


センスがいい作品はさりげなく心を和ませる素晴らしさがある
a0251508_22111885.jpg
大垣花店「Rosefarm KEIJI]和ばらを使ったブーケなど
誰かにプレゼントしたい・・・そんな気にさせる薔薇。

a0251508_22114003.jpg
これからの季節にぴったり
ドライリース
a0251508_22063757.jpg
チョコの美味しいお店
a0251508_22073484.jpg
a0251508_22071791.jpg
撮影用100円 マリングッズ貸し出します
a0251508_21032368.jpg

いよいよこれから9時までが本番で


a0251508_21050085.jpg




[PR]

by yutorie2 | 2018-12-06 23:27 | 神戸 | Comments(0)