2018年 04月 17日 ( 1 )

ブラジルの国花「イペ」が「神戸元町鯉川通り」に今咲いてます。

JR元町駅東口交番前。
a0251508_23221954.jpg

「イペ」の木は2008年の「ブラジル移住100周年」を記念して植栽されました。
a0251508_23141025.jpg

明治41年(1908年)神戸港からブラジル移住船の第一号笠戸丸が出航、
a0251508_23195523.jpg

昭和46年(1971年)の最後までに640隻が往復し、ブラジルを中心とする南米に約25万人が移住したとされています。



大丸前の元町交差点付近。
a0251508_23145217.jpg



鯉川筋は、かつての神戸移住センターとメリケン波止場を結ぶ道で多くの移住の方が歩いた道として知られています。

a0251508_23164928.jpg

中南米原産のノウセンカズラ科の高木。4~5月に葉に先立ち花が咲きます。

a0251508_23354084.jpg

花色は赤、紫、桃、黄があるそうですが
黄色の花はブラジルの国花とされています。

a0251508_23314037.jpg


元町を歩いていて不思議なものを見つけました。
枯れ枝に何をくっつけているのかしらと近づいて見るとなんと花でした。
その日はカメラを持ってなかったので、今日こそはともう一度出かけました。
花は良く見かけるオレンジ色のノウセンカズラと似ていますが「イペ」は花のとき葉が出ていません。
神戸に来て2度目の春を迎えていますが、去年は気が付きませんでした。
写真を撮ってると10人ぐらいの方が立ち止まって話しかけてきてケイタイを取り出して写していました。
そのうちこの木を知ってる方は2人ほどでした。



a0251508_019286.jpg


木の付近に少し読みにくいですがこんな看板がありました。
説明文を引用させていただきました。
[PR]