人気ブログランキング |

yutorieの庭②

yutorie2.exblog.jp
ブログトップ
2018年 08月 24日

竹中大工道具館

新神戸駅の近くに『竹中大工道具館』はあります。
ものづくりの原点は道具にあり。
日本で唯一の大工道具の博物館です。
日本人ならではの美意識、心遣いが秘められた道具職人、名工の輝く作品が保存されています。
その昔は刀鍛冶だったが廃刀令が施行され道具鍛冶になっていった方も多いようです。
a0251508_18302133.jpg


三代目善作
大入鑿(のみ)
鑿鍛冶の名工・善作は大阪で三代続いた名門。
2代目が生み出した木目鍛えの鑿の技を受け継ぐも
昭和30年ごろを最後に行方が分からなくなってしまう。
注文のため大工たちが探し回ったが見つからず
いつしか「行方知れずの名工」と呼ばれる謎めいた存在となった。
a0251508_22162881.jpg

a0251508_16224437.jpg

a0251508_16192746.jpg


二代目善作
突鑿(つきのみ) 「珥加里野村」(にっかりのむら)
a0251508_1624367.jpg

a0251508_16235293.jpg



宮野鉄之助 
両刃鋸「秋の志らべ」
名刀に迫る、優美な立ち姿
a0251508_16194574.jpg

鋸鍛冶の最高峰として知られる宮野鉄之助
玉鋼(たまがね)による鋸の製作にこだわり続けた名工。
a0251508_16195659.jpg




千代鶴是秀
鉋刃 「神雲夢」(しんうんむ)
昭和27年6月、是秀は大工棟梁・野村貞夫へと「神雲夢」を手渡した。
耳おろし研磨不要の実験的試みは、野村棟梁たっての要望で生み出されたものである。
だが、鉄を自在に操るそのあまりにもの出来栄えゆえに、野村は一度もこの鉋を使うことは無かった。
a0251508_1633528.jpg

a0251508_1631681.jpg



千代鶴是秀
両口玄能 『山彦」
a0251508_16242114.jpg


a0251508_16243377.jpg


これも素晴らしい。
大鉋削り
a0251508_18291251.jpg

巨大だからこそ、刃づくり、台うち。とぎ、削り、そのすべてが限界に達する。
己の技を極限まで高めたいと欲する職人の夢とロマンがそこにある。


撮影可なので何回も通っています。
木工室あり茶室あり、木を生かした伝統の知恵、ハンズオン展示は子供たちにも魅力的です。

説明記事は殆ど展示を参考にさせていただきました。
a0251508_10541761.jpg


by yutorie2 | 2018-08-24 19:09 | 神戸 | Comments(2)
Commented by Miz at 2018-09-05 15:59 x
飛騨の古川にもこのような施設がありました。
次男が木工の仕事(ギター職人)なので、ぼくも関心が少々あります。
Commented by yutorie2 at 2018-09-07 22:32
Miz様
地震大丈夫だったですか。
札幌の孫となかなか連絡が取れず心配しました。

竹中道具館は私でさえ日本の名工の技に心揺さぶられました。
神戸に帰られたとき一度来館されるといいですね。


<< 加西市羅漢寺      海王丸Ⅱ 出航日 >>