京都 愛宕念仏寺

「あたご念仏寺」かと思ったら『おたぎ念仏寺』なんですね。

その昔の奈良時代はこの地を『山城国おたぎごうり』と言ってたそうです。
その地に最初に建ててられたので愛宕寺と名づけられました。

癒しの寺と言うだけあって表情豊かな羅漢さんが出迎えてくれて心和みます。



a0251508_22214511.jpg


a0251508_2221533.jpg



a0251508_2222340.jpg


a0251508_22284536.jpg


寒い日でしたが餌を求めて群れがやってきます。
美しいですね。

a0251508_2225392.jpg


容姿はメジロには敵いませんが大きさはまかせて。
追加します。
a0251508_23381515.jpg

[PR]
by yutorie2 | 2018-01-29 22:56 | 撮影会 | Comments(10)
Commented at 2018-01-30 08:48
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sazaneri873 at 2018-01-30 09:29
こんにちは~
愛宕念仏寺→おたぎ念仏寺なんですね。
何度か訪れていますが「あたご念仏寺」とつい読んでしまします^^;
いろいろな表情の羅漢さんを見られて楽しいですね。
お口を開けた羅漢さんにお賽銭?おかれていますね。
メジロにヒヨドリがクリアで綺麗に写されていますね。
Commented by yutorie2 at 2018-01-30 18:48
> 鍵コメ様
気が付くのが少し遅れましたがいままで通り訪問させていただきます。
冬は特に良い風景があり楽しみにしています。
こちらこそよろしくお願いします。


Commented by yutorie2 at 2018-01-30 18:54
> sazaneri873さん
こんばんは。
羅漢さんの綿帽子を期待してましたが次回の楽しみです。
どこに行っても初めてなところが多く新鮮です。
京都も楽しいですね。
>メジロにヒヨドリがクリアで綺麗に写されていますね。
ありがとうございます。小鳥は可愛いです。
Commented by paper moon at 2018-01-30 21:35 x
yutorieさん、こんばんは。

あたごではないのですか。
知りませんでした。
京都にいた時には行ったことがありませんでした。
3枚目の羅漢が気に入りました。
小鳥は動くのにピントが決まっていますね。
さすがです。
Commented by kobatetuapril at 2018-01-30 23:16
繊細かつ重厚な寺社建造物が多い京都で、この羅漢の群は異色ですね。近代的である、とさえ感じます。
小鳥の写真はバッチリ目にピンが当たっていて素晴らしい描写ですね。
私も望遠はズームで70-200、70-300、100-400、150-600と、焦点域がやたらとかぶるラインナップを持っていますが、白鳥以外の鳥をほとんど撮ったことが無くて、いくらか宝の持ち腐れ感があります。
せっかちなので、生粋の鳥撮りカメラマンの様に、小鳥がベストポジションに来るまでひたすら待つということが出来ないのが原因なんですけど、
こちらの様な作品を拝見すると、せっかくだからトライしてみないとな~・・・っていう気持ちにもなります。
Commented by yutorie2 at 2018-01-31 10:53
> paper moonさん

おはようございます。
まだ2~3しか行っていませんが京都も歴史があって重みがあります。
電車やバスで何とかいろいろなところに行けて楽しいです。
寒さも佐久で鍛えてありますから、気になりません(笑)
>小鳥は動くのにピントが決まっていますね。
ありがとうございます。
Commented by yutorie2 at 2018-01-31 11:06
> kobatetuaprilさん
おはようございます。
京都は歴史の重みに圧倒されます。
手入れされた庭なども四季折々素晴らしそうです。

近頃はフルサイズボデーも望遠ズーム70-300も重たくて
7D(APS-c)にシグマの18~300をつけて出かけます。
なるべくシグマ広角12~24は持っていくようにしています。
老人になりました(笑)
Commented by n0n0n at 2018-02-05 00:10
yutorieさん、こんばんは!

あたご念仏寺だと思っていました(///ω///)入ったことがないのです。

あだしの念仏寺は近くに友達の家があったせいか
オープンだったせいか
まだ拝観料をとらなかった時に隠れん坊した思い出があります(笑)
でも記憶ではこんなに明るく綺麗ではなかったです・・・
Commented by yutorie2 at 2018-02-05 01:23
> n0n0nさん
こんばんは。
>まだ拝観料をとらなかった時に隠れん坊した思い出があります。
そうでしたか。いいところで育ちましたね。
石仏たちも子供たちの声にしばし現世をしのんだでしょうね。
無縁仏の西院の河原は中に入れますが撮影禁止でした。
拝観料は500円。竹の小径の竹林も趣がありました。