赤ちゃん

フラミンゴ
王子動物園 今年最後の赤ちゃんです。


a0251508_2223230.jpg


a0251508_227880.jpg


a0251508_22162114.jpg

あ~つかれた。
[PR]

by yutorie2 | 2017-07-25 22:20 | 動物園 | Comments(2)

暑中お見舞い申し上げます

初めての神戸の夏を経験しています。

今年は梅雨に雨も殆ど見られず。蒸し暑さがたまらない。
a0251508_1937503.jpg

頭が痛くなるこの暑さ、日中は仕方ないとしても。


a0251508_1939449.jpg

夜がいつまでも暑いの

がこたえます
a0251508_19394579.jpg



はじめは軽い軽いと無理してましたが。

a0251508_19413022.jpg


下り坂のバス停まで出かけた後、帰りはバス停からの坂道歩きが辛い。

a0251508_1942229.jpg

車なんか都会の神戸では入らないと思ってたが。

a0251508_19431785.jpg


車が欲しい。ヴィッツとは言わないライフでいい。



とうとう信州が恋しくなりました。

(画像は14年鳥羽水族館です。)
[PR]

by yutorie2 | 2017-07-21 21:41 | 水族館 | Comments(4)

薔薇ニケ②

最後の一輪が咲きました。
夏薔薇は小さく咲くので早めに切り取って追肥を施して秋に大きく咲かせましょうとご指導いただいたので
さっそく手入れをしました。


a0251508_1558585.jpg



a0251508_2159421.jpg



花は小さいですが香りよく姿良くリビングが優しさに包まれました。
[PR]

by yutorie2 | 2017-07-16 15:59 | 自宅 | Comments(2)

暑い!!

王子動物園 子象の結希ちゃん♂ と りり香♀ちゃん


市原ぞうの国から 子象の  結希が 王子動物園に 期間限定で やって来ました。
結希(ゆうき)は 王子動物園にいる ズゼ♀と マック♂の 子で
ズゼは 子育てが 苦手なので 市原ぞうの国に行って 出産して 結希は 今 市原ぞうの国で 育てて もらってます。
初めて 王子動物園に やって来ました。市原ぞうの国で誕生した仲良しのりり香♀ も一緒です。世話係はタイのお兄さんです。
a0251508_2229364.jpg

やっぱり子どもね 遊びたくって。
a0251508_22295112.jpg
a0251508_2230350.jpg

暑い!!もっとお水出して!!
a0251508_225494.jpg
a0251508_2255984.jpg
a0251508_226912.jpg


今日は市原に帰る日 輸送箱の車に乗って帰っていった。また来てね。
18日間ありがとう。
[PR]

by yutorie2 | 2017-07-15 22:44 | 動物園 | Comments(0)

似てませんか?

名前のことですが。
あれ~っ どこかで見た名前!

神戸森林植物園
「シチダンカ」

お詫びシチダンカの画像を訂正します。

a0251508_21272069.jpg

シチダンカはヤマアジサイの八重化したものと言われています。両性化はこの後発育途中ですべて落ちてしまいます。 見ごろは、一般のアジサイより少し早めです。  この花、シーボルトが「日本植物誌」で紹介して以来、日本人のだれもがそ の実物を見た人がなく、”幻のアジサイ”とよばれて長い間さがしつづけら れていましたが、たまたま六甲ケーブル西側で昭和34年(1959)に見つかりました。それはシーボルトが紹介して以来約130年ぶりになります。森林植物園ではこれを約3000株に挿し木栽培し来園者を楽しませてくれます。

王子動物園
「シタツンガ」


a0251508_2232315.jpg

アラシ君
初めてであったときから目が合ってすきになりました。
アフリカ中西部の沼地や湿地帯に生息。
角は雄だけにある。草食動物は目が優しい。
      2006年11月11日 千葉市動物公園生まれ
      2009年1月30日  神戸市立王子動物園に転入

[PR]

by yutorie2 | 2017-07-13 22:38 | 動物園 | Comments(2)

薔薇が咲きました

待望のニケが咲きました。
花屋さんから買ってきたときとはまるで花の大きさが違うそうです。

花後頂いたので何とか咲かせたい一心でした。
ですのでこれでも十分です。
もう一つ蕾を持ってます。
この後もyutorieの庭の薔薇として楽しみたいです。

7月9日
a0251508_20332946.jpg

a0251508_2037892.jpg
a0251508_20371834.jpg


7月4日
a0251508_2035584.jpg


5月29日
a0251508_2128642.jpg


ご指導いただいたpaper moonさんありがとうございました。
[PR]

by yutorie2 | 2017-07-11 20:57 | | Comments(4)

メリケン波止場

1868年に明治政府が兵庫港第3波止場として開設。
近くに米国領事館があったことから、「メリケン」波止場と呼ばれるようになり
その後1987年に波止場の西側一帯が埋立てられてメリケンパークとなった。
a0251508_22113742.jpg


また、神戸港と同じ時期に発展した横浜港の大さん橋も「メリケン波止場」と呼ばれていた。
今の横浜大桟橋。(27年)
a0251508_2231365.jpg


1995年に発生した阪神・淡路大震災により、波止場であった場所が崩壊。現在、崩壊した状態で一部が神戸港震災メモリアルパークとして保存されて公開されていてその凄さを語っている。

a0251508_2125473.jpg



ここには坂本龍馬が設立した海援隊をテーマにしたモニュメントがある。世界的に有名な彫刻家・流政之(ながれ まさゆき)氏の1991年の作品
a0251508_2129542.jpg

右下の説明板に以下の言葉が記されている。 
1863年から65年にかけ 神戸小野浜に勝海舟・坂本龍馬によってつくられた海軍操練所が存在した。武士、町人、 農民を問わず若者たちが大洋に夢をはせ経済、科学など多くのことを学んだ。夢をはたせず志なかばで倒れていった若者達を神戸海援隊と名付け、その短い青春の夢をここに刻む。 
胸打つる言葉だ。


a0251508_214096.jpg



メリケンパークに建つ高さ22mの巨大な鯉のオブジェフィッシュ・ダンスは1987年(昭和62年)に神戸開港120年を記念して設置された。
この場所は鯉川の川尻に当たり、鯉が踊っている姿をモチーフにしている。
「メリケンパークは恋の街」・・・そんな熱い日だった。






a0251508_7535561.jpg
左からポートタワー、ノートルダム・kobe、海洋博物館、ホテルオークラ
レンガの広場には大きな神戸市のシンボルマークの錨がある。






愛知県立三谷水産高等学校のカツオ釣り実習船「愛知丸」が中突堤に入港していた。
カツオ釣り実習から帰ってきたのか船内では男子も女子も忙しそうにしているのがうかがえた。
日本の水産未来も明るいのではと思えた。
a0251508_2144491.jpg







日が暮れて若者の遊び場になる。
人気の少なくなった広場の街灯の下は練習に好都合のようだ。
a0251508_22412297.jpg

スタバの夜は
船が海に向かって神戸港をクルージングしているかのような気分になるらしい。
a0251508_22413560.jpg

[PR]

by yutorie2 | 2017-07-06 23:14 | 神戸

薔薇ニケの生育

台風の影響で蒸し暑い一日でした。
おかげで庭の水遣りが助かりましたが。

ニケの蕾のガクが割れて黄色い花色が見えてきました。
朝夕アブラムシを点検して見守ってます。
薔薇を植えたのは初めてなので、こんな小さな蕾で大きな花が咲くのか心配です。
何とか咲かせてみたい!

a0251508_20194571.jpg
a0251508_20195669.jpg


なれた方にはこんなことでと思われそうですが
毎日一喜一憂しています。
[PR]

by yutorie2 | 2017-07-04 20:33 | | Comments(0)

雛が落ちた!

王子動物園
2日に生まれたフラミンゴの雛が巣から落ちました。

このままでは低体温で衰弱してしまうようなので
受付に報告。飼育係が何とか助けました。(人が入っていくと鳥たち大騒ぎなんです。)

親は心配そうに見るだけ。
a0251508_21113556.jpg

自力で上がろうとしたのか、この通りです。
a0251508_20494014.jpg

ほっとしたところで、柵で生きる虫たちを見つけた。
a0251508_20355215.jpg

後ろは白いフラミンゴ。
a0251508_2036393.jpg

こちらの後ろは赤いフラミンゴ。
[PR]

by yutorie2 | 2017-07-03 21:00 | 動物園 | Comments(0)

フラミンゴ雛誕生

7月1日12時に誕生しました。
4時間後。
まだ立てません。

お父さんからフラミンゴミルクをもらう。
a0251508_19325677.jpg


このミルクは、メスだけでなくオスも与えることが出来るんです!
さらに、ミルクは口から出るんです!!(鳥にはオッパイなどありませんからね)

ヒナに与えるミルクはフラミンゴミルクと呼ばれており、喉の奥にある、そのう(食道の一部が膨らみ、食べた物を一時貯めておく鳥類独特の器官)から分泌されるため、オスもミルクが出せます。その成分はタンパク質と脂肪に富んでおり、羽根の色の元になっている赤い色素(カンタキサンチンというカロチン系の色素)が含まれているため真っ赤なのです。
そして分泌されたフラミンゴミルクを吐き戻すようにして少しづつ口移しでヒナに与えていく というわけなんです。
日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」netより

a0251508_19355580.jpg

ラブラブのようですが雄同士が争っています。
[PR]

by yutorie2 | 2017-07-01 19:54 | 野鳥 | Comments(2)